海外への転勤でマンションを貸したい

マンション購入1年後に海外への異動が決まる

マンション購入1年後に海外への異動が決まるマンションが高く売れないため賃貸を考えるローン返済中のため銀行に相談し賃貸へ

マンションを購入してから約1年、海外への人事異動の辞令が来てしまいました。
マイホームを買うと異動になることがある、このような都市伝説的な話を聞いたことがありましたが、まさか自分がそのターゲットになるとは思いもよりませんでした。
購入したばかりの不動産ですから、購入時の金額よりも多少は下がるものの、高く売ることができるだろうと過信していたのです。
最初の内は海外への異動は自分だけで単身赴任を考えていたのですが、我が家の家族は3人で、生まれたばかりの子供が一人いましたので、幼い子供と妻を残して一人で赴任先に出掛けるのは良くない、家族が離れて暮らすのはよろしくないと思い、3人で引越しをすることに決めたわけです。
高く売れれば多少の損失はあっても最小限に抑えられるわけですが、実際に売却の相談をしたところ、当時はマンションラッシュで中古物件を買うよりも新築物件を購入する人が多い時代でしたので、思っていたよりも売却価格が下がってしまったのです。

この時点で頭の中で描いていた計画はすべて水に流れてしまった、このような気分でした。
売るとなると大きな損失になる、住宅ローンは返済をしてから1年少ししか返していませんので、当然元金は丸々残っています。
ちなみに、購入時の金額は6,000万円、頭金は2,000万円用意したので、ローンは4,000万円になります。
査定額は4,500万円ですから1,500万円の赤字です。
これはあくまでも計算上での話で実際に売ることができる金額は4,500万円よりも下がることもある、これを考えると売るのではなく貸したいと考えるようになったのです。
賃貸に出すとなると最初に仲介業者を決めなければなりません。